2006年09月08日

ピルロ、2011年まで契約更新

pirlo_news.jpg  今日もクリックお願いします!

ピルロがミランとの契約を2011年まで延長しました。これはホントうれしいニュースです!
公式サイトにて、会見の内容が出ていますので転載させて頂きます。



アンドレア・ピルロとミランの間の契約が2011年まで更新された翌日、世界チャンピオンのMFはミラネッロで記者会見を開いた。

しかし彼が語ったのは契約更新についてだけではない。代表のこと、オリベイラやグルクフといった新加入選手のこと、そしてミランのこの夏について・・・。

ミランで10年を過ごすことについて:更新された契約は2011年期限ということで、つまりは僕はミランで10年間を過ごした後に、ここで現役を終える可能性があるということだ。この更新で、チームメートたちからは大きな拍手をもらった。たぶん近いうちにサンドロ・ネスタも同じような拍手を受けるんじゃないかな。僕は、ここまで自分の能力を常に信じてきたし、ミランでの初年度から試合に出たいとアピールをしてきた。

ドナドーニ新監督:W杯で優勝したばかりの代表を指揮するのは難しいことだ。でもドナドーニはそれをうまくやるだけのものを兼ね備えていて、ユーロで勝つという目標もある。予選で獲得すべきはあと30点。フォーメーションについては特に変わったというわけではなくて、実際、リッピのときも僕たちはいろいろなフォーメーションで戦ってきた。

シェバが去って:オリベイラという新しいFWが加わったし、すでに僕たちが大きな信頼を置くFW陣もいる。中盤からのサポートもあるし、シェバのゴールがなくなったことを悔やんだりしないかたちで、僕たちはちゃんとやっていくだろう。

スペインからのオファー:レアル・マドリードが僕の代理人にコンタクトをとってきたけど、優先権はミランにあった。夏の間のいろいろな出来事が整理されてから、僕たちはすべてに対して速やかに結論を出し、そのことに僕はとても満足している。以前の契約は2008年まであって、急ぐ必要はなかったけれども、とにかくミランでやっていく、そのために僕はここにいる。

レアルとカカー:一方に僕とカカーの獲得を望むチームがあって、でもその一方にはミランがあった。そして、そんな移籍県警の話題に決着がつくとすぐにミランは契約更新を考えてくれた。クラブはいつも僕を信頼していることをちゃんと行動で示してくれた。

マイナスからの出発:それが僕たちを駆り立てることにもなっていて、シーズンが開幕して、そこで勝ち点3を取ることが待ち遠しい! ラツィオもペナルティを受けて、彼らもまたそれによってモチベーションを高めているだろうけど、とにかく僕たちは意欲満々、だってリーグ優勝をとりたいからね」。

オリベイラ&グルクフ:オリベイラのことはまだあまり知らない、グルクフは力のあるいい選手で、ミランに大きく貢献してくれるだろう。

意欲と熱意:勝ち点マイナス8からの出発は、意欲をさらに駆り立てるひとつの要素だし、補強してスクデット候補と見られているライバルチームがいることも刺激になる。チャンピオンズリーグはいつだって変わらず魅力的なタイトルだけど、でも今年はリーグ戦のスクデットも同様だ。僕たちはいつだってフェアだったけれど、リーグ戦がようやくスタートする今はとにかくプレーすることだけを考えて、自分たちの真価をピッチでみせたい。

ユベントスの不在:ユーベとの対戦はいつだってすばらしいもので、彼らがいないと何かが違うだろうけど、できる限り早く彼らがAに戻ってくることを祈っている。

(ACミラン公式サイトニュースより)

ACミラン・イタリア代表【グランデ・ピルロ#21】
posted by 和哉@ミラニスタ at 20:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年07月25日

ベルカンプも引退

ベルカンプインテル時代 にほんブログ村 サッカーブログへ

昨シーズン現役を退いたベルカンプの引退試合が放送されていましたね。

試合は、アーセナル対アヤックス
集まったのは、両チームOBのファンバステン、ライカールト、デ・ブール、ダーヴィッツ、ファンデルサール、ヴィエラ、プティ、そしてクライフといった超豪華メンバー(他にも多数の豪華メンバー!)

試合会場もアーセナルの新しい本拠地になるエミレーツ・スタジアム。
しかも、このスタジアムのこけら落とし。
ベルカンプがどれだけ愛されていたかわかりますよね。


私がベルカンプを始めて知ったのは、94年のワールドカップの時
ファンバステンが出場できず、代わりに期待されていたのがこのベルカンプでした。(この時のプレーはあまり記憶にないですね。。。)

当時はインテルに在籍していて、クラブではライバルチームでしたが、セリエA・オランダ人ということで応援してました。(ヨンクも好きでしたね。)

ただ、インテルでは大した成績を残すことは出来ず。
インテル時代のことは多くの人、本人ですら記憶にないかと思います。
(たぶん、忘れたい過去でしょう。)

その後、アーセナルに移籍してからは、数々のタイトル獲得に貢献。
(ここは多くの人、本人も記憶に残っていると思います。)

移籍が頻繁に行われている中、長い期間在籍しチーム、そしてファンから愛されるプレーヤーになり、このような引退試合で現役を終えることが出来てよかったと思います。

ホントお疲れ様でした。
あなたのトラップで鳥肌が立ったことは忘れません。。。

ACミラン・イタリア代表【グランデ・ピルロ#21】
posted by 和哉@ミラニスタ at 18:40 | Comment(1) | TrackBack(3) | 日記

2006年07月04日

中田英寿選手引退・・・

中田選手が引退を発表しましたね。
W杯敗戦時には代表の引退は考えられましたが・・・

まさか現役引退とは
正直、ショックです。

高校生の時には、ベルマーレの試合をよく見に行きました。
その時サッカー部の先生に言われたのが

「中田を良く見て来いよ!」でしたね。

次の日は部活で中田選手の真似をしたことを良く覚えています。
そう思うと余計に寂しくなるのですが・・・

まだまだ出来るよ!

多くの方がこう思っているでしょうね。
そうですよね。まだまだ引退する年齢ではないですよね。

カズだってゴンだってやってるのに・・・

ピルロも
「えっ、引退? 29歳? 若すぎるよ。でも、彼が決めたからには正しい判断なんだろう」なんてコメントしてますが。

ただ今までサッカー選手ながら様々な分野を切り開いてきた中田選手
もう次が見えているんでしょう。

プレーと同じく常に先を読む。
次はどのようなことをするのか、非常に楽しみです。

ホント何するんだろうなぁ〜
posted by 和哉@ミラニスタ at 20:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。