2006年07月11日

ジダンがMVPに・・・ピルロは3位

ジダンMVPワールドカップの最優秀選手賞は、ジネディーヌ・ジダンになってしまいました。

ピルロは残念ながら3位。
ちなみに2位はカンナバーロ。

ジダンのパフォーマンス。
グループリーグでは決して良かったとは言えませんでしたね。
よくなってきたのは、決勝トーナメントに入ってから。

スペイン戦のカシージャスから奪ったゴール。
前回優勝国のブラジルを沈めた数々のプレーは引退する選手には思えないもの。

むしろ
「引退するな!」
と言わせるプレー振りだったのではないでしょうか?
本当にもったいない。(Jリーグでも来て欲しい・・・)

そして、決勝戦でのパフォーマンスもすばらしいものだったと思います。
退場という形で大会を去ることになりましたが。


ただ、フェアプレイを掲げるFIFAが退場した選手を選ぶのはどうかと思いますが・・・

また、大会を通じてカンナバーロ、ピルロのパフォーマンスの方が優れていたと思うのは・・・贔屓目で見ているからでしょうか?


カンナバーロだったら、納得したのに・・・
まだ納得できないでいます。
posted by 和哉@ミラニスタ at 16:32 | Comment(0) | TrackBack(1) | ワールドカップ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

W杯ドイツ大会の宴が終わって−皆様へ御礼申し上げます
Excerpt: 皆様ありがとうございました
Weblog: 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!
Tracked: 2006-07-11 18:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。