2006年07月01日

アズーリ、ベスト4へ

イタリア代表ウクライナ戦勝利イタリア 3−0 ウクライナ

今大会活躍のウクライナ。さすがにイタリアには・・・なんて思いながらも
シェフチェンコいるし、チョット不安でしたが。。。

開始早々にザンブロッタのシュートが決まり先制!
いきなりの得点に安心して見ていられました。

不調だった(得点がなかっただけですが・・・)トニもここに来て2得点と結果を出し、いい流れになってきましたね。

次は地元ドイツ。大会前の親善試合では大差で勝っているが・・・どうだろう?
ただ今大会のドイツは試合をするたびに成熟されていく感じがあって、チョット恐いですね。

最後にシェフチェンコの
「せめてもの救いはイタリアの友人たちに敗れたということ。これからは彼らを応援する。」
このコメントを見たとき、チョット涙が出ました・・・
シェバ!チェルシーでもガンバレ!!!


posted by 和哉@ミラニスタ at 20:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア代表
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。